コーチング

「コーチングスクール☆1ヶ月目」甘く見てたかも!!【2-2】

「コーチング」なめてた!?

「コーチングスクール」1回目のレポートです。

今だから正直に言うと、「コーチング」って簡単じゃない?

なーんて思ってました。

相手の話を聞いて、困っている問題にアドバイスしてあげればいいんだよね。

なーんて。

6ヶ月もの間、毎週1時間も必要なのかな。

なーんて。

甘かった!!!

 

1回目の講座を受けた瞬間、

「これ、わかる気がするだけで、簡単にできない!」

という当たり前のことに気付いて愕然としてしまいました!

そもそも「コーチング」とは?

講座の中に[コーチの役割]という項目があります。

そこには、カウンセリングやコンサルティング、

ティーチングとの違いが記されています。

あ、私ごっちゃにしてた!ということが即座にわかりました。

え?え?え?

じゃあ、コーチングって何?

カウンセリング
目的、結論は持たず、過去の記憶や感情を元に、
未来の自分に気づくようにサポートすること

コーチング
相手自身が持っているものに気づき、自発的な行動を促し、
課題を解決したり、目標を達成させたりすること

コンサルティング
持っている知識を相手に提供することで、課題を解決したり、
目標を達成させたりすること

ティーチング
持っている知識、技術、経験などを相手に伝えること

【コーチング講座 第1回目テキストより抜粋】

「この違いが難しい!」と、当時のメモに書いてあります。

「コーチングは、2:8でほとんど喋らない。がまんする。」とも・・・。

襟を正してこの先へ

う~ん、わかったような気がするけど、

実行してと言われてもどうしていいかわかりません。

そうなんです。

それを理解して、実行に移す入口にたどり着くところまでを

24回かけて(あ、実際はあと23回)学び続けるということなんですね。

「コーチング」を甘く見ていたことを反省し、

襟を正してこの先へ進んでいくことと致します。

 

《2018年9月の出来事:私57歳・息子高1・さっちゃん88歳/介護13年目》

 

 

ABOUT ME
近藤 淳子
近藤 淳子
「“好奇心”は最高のアンチエイジング」がテーマのアラカンライター。 バブル時代を楽しみ、番組・イベント制作、まちづくりコンサルに没頭。その際、取材やインタビュー、ヒアリングを行った人数はのべ1000人以上。 その後、38歳で結婚、41歳で出産、45歳で義母の認知症介護同居がスタート!子育て&介護生活15年目。 止められない好奇心で、見たり食べたり体験したり♡新しいコトにはうきうきワクワク、ココロおどる毎日をめざすアラカンガールです。 ☆フリーライターとして活動中  記事はこちら>>>ライター  岡崎市公式HP「岡崎ルネサンス」 ☆コーチングプレイス認定コーチ ☆2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ☆カメラはCanon EOS KissX9を愛用
広告