楽ヨメ介護

楽するヨメの介護日記〈2〉車椅子ごと乗せる車『HONDA N-BOX』を買いました

介護用に見えない

もともと私が運転しやすいということで、以前もHONDAのN-BOXに乗ってました。

今回は車椅子で移動することになってしまった、さっちゃんのための買替えです。

楽に車椅子ごと、車に乗せることができるということが魅力のポイント!

後ろの座席をみたところ。

普通の座席と何も変わりません。

乗り心地も一緒。

車椅子乗車モードへチェンジ!

全く触っていない状態です。

普通に荷物を置くことができます。

後ろの座席を前に倒すと、フラットフロア。

私のガーデニングの苗を運ぶ時は、ここにシートを引いてトレーをがんがん置いていきます。

故障した自転車も一台丸ごと乗せちゃえます。

スロープを引出します

ベルトを引っ張るとスロープが引き出せます。

これが、結構軽いの!

私でも片手でラクラク。

パタン、パタン、パタンと三段引出すと・・・

スロープの出来上がり。

ベルトは電動ウインチ

車椅子を引き上げるベルトは、電動ウインチです。

前の座席の下から手でシュルシュル~っと引っ張り出します。

これも、あっという間!

車椅子に引っかけたら、電動ウインチで引き上げれば車椅子もラクラク乗ります。

手すりはあるけど、さらに安心感も持ってもらうために、「吊革グリップ」も装着!

これで、安心して乗ってもらえそうです。

まとめ

今回、車椅子ごと移動できる車に買替えたのは、さっちゃんが移動する時、

介護タクシーを手配せずに自分たちの時間軸で動きたかったからなのです。

慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、車椅子ごと乗せることを前提に設計された車なので、

介護者のストレスがとてもミニマムに抑えられることを実感しました。

早くコロナウィルスが収まって、膝の痛いさっちゃんを通い慣れた整形外科へ

夫と一緒に連れて行く日を待ち望んでいます。

ABOUT ME
近藤 淳子
近藤 淳子
「“好奇心”は最高のアンチエイジング」がテーマのアラカンライター。 バブル時代を楽しみ、番組・イベント制作に没頭した後、38歳で結婚、41歳で出産、45歳で義母の痴呆介護同居がスタート!子育て&介護生活14年目。 新しいコトにはうきうきわくわく、ココロおどる毎日をめざすアラカンガールです。 ☆CBCTV「東海エリアの女性向け情報サイト CUCURU」でライター活動中 CUCURUはこちら>>>HPCUCURU内記事はこちら>>>ライター ☆2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ☆コーチングプレイス認定コーチ ☆カメラ(Canon EOS KissX9)を愛用