アラカンLIFE

昔ペーパードライバーだったなあ

19歳でペーパードライバーへの道

運転免許証を取ったのは19歳の頃。

近くの自動車学校に通いました。

40年近く前のこと。当然マニュアル車!

クランクでエンスト。坂道発進でエンスト!!

運転は恐怖との戦いでしたね~。

免許取り立ての時、父親を隣に乗せて運転したのが運の尽き。

いちいち怒られて、すっかり運転が嫌に~。

助手席に乗ってる方が楽ちんで、そのまま年数は過ぎて

すっかりペーパードライバーの出来上がり。

ペーパードライバーの卒業!!

しかし、時がたって、ついにペーパードライバー卒業の時が。

それは、息子の誕生!

「突然病気になったら」

「お稽古に通わなきゃ」

「実家に子供を連れて帰るぞ」

というわけで、自動車学校のペーパードライバー講座に通って何とか復活!!。

今では優良ドライバー

でも、運転上手になったのは、営業でお客様の家をカーナビを使って回ったおかげ。

信号が赤なのに直進の青い矢印や、右折専用路線や、一通だらけの住宅街の中、

栄ど真ん中の4車線・・・。いやあ、鍛えられました。

おかげで、今は知らない場所にも行けるし、車線変更もすいすい。

笑顔で車の間に入れてもらったり、余裕で道を譲ってあげたり、もう大丈夫。

最初の頃、「運転は習うより慣れろだよ」と言われた通りでございました。

ABOUT ME
近藤 淳子
近藤 淳子
「“好奇心”は最高のアンチエイジング」がテーマのアラカンライター。 バブル時代を楽しみ、番組・イベント制作に没頭した後、38歳で結婚、41歳で出産、45歳で義母の痴呆介護同居がスタート!子育て&介護生活14年目。 新しいコトにはうきうきわくわく、ココロおどる毎日をめざすアラカンガールです。 ☆CBCTV「東海エリアの女性向け情報サイト CUCURU」でライター活動中 CUCURUはこちら>>>HPCUCURU内記事はこちら>>>ライター ☆2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ☆コーチングプレイス認定コーチ ☆カメラ(Canon EOS KissX9)を愛用